「テクニカルショウヨコハマ2017」に出展しました。

展示ブースで説明する学生 2017年2月1日(水)~3日(金)パシフィコ横浜で行われた
「テクニカルショウヨコハマ2017」に本学が出展しました。

この展示会は、神奈川県下最大級の工業技術・製品に関する総合見本市で、38回目となる今回は「未来をひらく新技術」をテーマに開催されました。

本学の展示ブースでは、5つの研究テーマと工学研究院「ものづくりライフイノベーション研究拠点」のポスター展示及びデモンストレーションを行いました。(出展内容はこちら。)

また、開催初日に行われた産学連携ワークショップでは
「ものづくりライフイノベーション研究拠点」の3名の教員が研究活動の紹介を行いました。

展示ブース、ワークショップ共に非常に多くの方にお立ち寄りいただきました。
ご来場ありがとうございました。

テクニカルショウヨコハマ2017 YNU展示ブース
【本学の展示ブースの様子】

産学連携ワークショップ丸尾先生産学連携ワークショップ濱上先生産学連携ワークショップ下野先生
【産学連携ワークショップの講演の様子。左より、丸尾昭二教授、濱上知樹教授、下野誠通准教授】

テクニカルショウヨコハマ2017(第38回工業技術見本市)

会  期  平成29年2月1日(水)~ 3日(金)
会  場  パシフィコ横浜 展示ホールC・D(横浜市西区みなとらい1-1)
会場面積  10,000㎡
出展者数  63 5社・団体
出展小間数  468小間
入場者数  31,002人
(内訳)2月1日:10,017人、2月2日:9,150人、2月3日:11,835人

Lastupdate:2017/02/15

研究助成公募情報データベース(学内向け) 論文投稿支援事業 YNUの研究力 YNU 横浜国立大学