【プレスリリース】次世代型 交通情報提供アプリの開発

横浜国立大学COIサテライト(代表:中村文彦(理事・副学長))は、詳細な交通空間モデルと動的なデータ等を活用した、次世代の交通情報提供アプリを開発しました。

このアプリは「国内初の一元的な路線バス運行情報表示機能」と「汎用のWeb地図ではカバーしていない道を含む、歩行経路案内機能」を備え、目的地までの移動に必要な情報が一つの地図上に表示されると共に、より正確な歩行経路情報を得ることができます。このアプリの活用により、人々が潜在的に感じる移動に伴う不安の軽減と、移動のための選択肢の拡大が可能となり、都市における人々の移動の質の向上と交通の円滑化が期待できます。

この度、有効性検証のための試作モデルとして、横浜国立大学内の施設への詳細な歩行経路案内機能と、路線バスの一元的な運行情報提供機能を備えたAndroid スマートフォンおよびタブレット向けアプリを期間及び対象者限定で公開し、試験運用します。

 

解説資料(PDF)

お問い合わせ先:

西岡隆暢(横浜国立大学 COIサテライト 産学連携研究員)

ynu-coisynu.ac.jp

Lastupdate:2017/12/01

研究助成公募情報データベース(学内向け) 論文投稿支援事業 YNUの研究力 サイエンスカフェ YNU 横浜国立大学