JST 研究成果最適展開支援プログラムに多々見教授の研究課題が採択されました。

科学技術振興機構(JST)が公募していた研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP))
「ステージⅡ(シーズ育成タイプ)」平成28年度第1回募集において、
本学、環境情報研究院 多々見純一教授の応募課題が採択されました。

 A-STEP ステージII 第3分野
 【採択課題】 革新的低磁場・静磁場配向法による高強度・高熱伝導絶縁放熱基板の開発
 【研究者名】 横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授 多々見 純一
 【企業名】 デンカ株式会社

A-STEPは、大学や公的機関などで生まれた研究成果の実用化を目指す研究開発フェーズを対象に、
課題や研究開発の特性に応じた最適なファンディングを設定し、総合的かつシームレスに推進するものです。
今回のシーズ育成タイプの公募では124件の応募があり、20件の採択課題の一つとして選ばれました。

詳細は、科学技術振興機構報 第1208号よりご覧いただけます。

参考サイト

Lastupdate:2016/11/17

研究助成公募情報データベース(学内向け) 論文投稿支援事業 YNUの研究力 YNU 横浜国立大学