YNU研究拠点公募案内(学内限定)

1.趣旨

YNU研究拠点制度とは、本学の教員が遂行している学術分野の中で、社会的要請の高い分野、学際的分野、社会的あるいは学術的に高く評価されている分野及び先駆的分野等において、研究プロジェクト、共同研究等を行う複数の教員が構成する研究グループを一つの組織として認定するものです。

本学の研究としてふさわしい研究グループを認定し、活動を支援することから、各部局の教授会等で承認されたものを研究推進機構が認定します。

審査を経て認定された研究グループについては、様々な機会にその存在を社会に発信します。研究推進機構が公認した研究活動として公開することにより、学内グループ間での交流や外部からの共同研究の申込みなど、研究の進展につながる様々なチャンスが生まれることが期待されます。研究推進機構では、グループ研究等によって、本学で行われている研究を公開することを目指していますので、積極的にお申込みください。

2.申請要件

(1) 研究代表者の所属する部局教授会等(各センター運営委員会等を含む)の議を経ていること。

(2)組織等

    
研究組織 2名以上で構成されるグループであること。
研究代表者 本学の専任教員
研究分担者 本学から科学研究費助成事業を申請する資格を有する者(名誉教授を除く)を1名以上含むこと。なお、学外研究者を加えても良い。
他制度への申請あるいは活動の重複 各部局独自のグループ研究支援制度との重複申請可。研究分担者としての他グループへの参画は可。
研究内容 学術分野の中で、社会的要請の高い分野、学術的分野、社会的あるいは学術的に高く評価されている分野及び先駆的分野等において、研究プロジェクト、共同研究等を行うもの。

(3)外部資金

研究代表者はグループ研究の内容で外部資金を獲得していること。(申請中及び申請予定の場合は、申請書にその旨記入してください。)

(4)ウェブサイト
開設

研究グループは、活動内容等に関するウェブサイトを開設すること。(詳細は「7.その他申請にあたっての留意事項」を参照のこと)

 (5)情報の提供

同研究等の推進のため活動内容等を産学官連携推進部門に提供すること。

3.認定期間と報告

認定日より3年以内(申請は3年以内の3月31日までとしてください)。
毎年度の活動報告として研究実績報告書を提出するとともにウェブサイトを随時更新していただきます。

※認定期間を更新する場合には、認定期間終了前に新規申請時と同様の手続きが必要です。

4.決定

研究推進機構長は、研究推進機構運営会議の議に基づいてYNU研究拠点としての認定の可否を決定します。

5.認定の流れ(申請書は随時受け付けるものとします)

申請書受理
  ↓
研究推進機構運営会議で審査・認定
  ↓
YNU研究拠点の開始(拠点ウェブサイトの作成・公開)

6.申請に必要な書類、提出期限、提出先

(1)必要書類
  • ●YNU研究拠点認定申請書(様式1)(記入方法
  • ●研究概要を示す図(A4版1枚におさめたもの)

上記2点の電子ファイル及び紙媒体を各一部ずつご提出ください。

(2)提出期限 随時受付(詳細は「7.その他申請にあたっての留意事項」を参照のこと)
(3)提出先 研究推進部研究推進課研究総務係 (kenkyu.somuynu.ac.jp)
(4)問合せ先 研究推進部研究推進課研究総務係 (kenkyu.somuynu.ac.jp 内線3192)

7.その他申請にあたっての留意事項

(1)申請から認定を受ける期間について(所要期間)

研究推進機構運営会議は月1回開催(8月を除く)となっている関係上、申請書受付から同会議への付議・認定に至る期間が長くなってしまう場合があります。(認定期間は、認定日より最長3年間となります。)

(2)名称の統一について

研究拠点の名称は、全学教育研究施設(保健管理センター、情報基盤センター 等)と区別するため、以下のとおり統一的な名称を使用していただきますので、よろしくお願いいたします。
※申請書には、日本語名称と英語名称を併記してください。

【日本語名称】 名称の末尾は「○○○研究拠点」として下さい。
【英語名称】 名称は「Research Center for ・・・・」として下さい。

(3)ウェブサイトの作成について

研究拠点は、認定後、国立大学法人横浜国立大学YNU研究拠点の認定等に関する要項(以下「要項」という。)第2条第2項に定めるとおり、研究拠点毎に日本語版または英語版のウェブサイトを作成していただきます。
認定後は速やかにウェブサイトを作成し、プロバイダ、本学のウェブホスティングサービス等を利用した任意のサーバ上に開設してください。開設後は研究推進機構のウェブサイトにリンクを貼ることにより公開しますので、研究推進課にURL(ウェブサイトアドレス)をご連絡願います。
なお、作成していただいたウェブサイトのコンテンツは、研究拠点毎に管理・運営していただきます。
また、本件の実施にあたり、研究推進機構として、その費用の一部を補助します。

(4)研究拠点の活動実績の確認について

拠点の活動報告として、機構長に毎年度の研究事績報告書を提出するとともにウェブサイトを随時更新していただきます。本研究拠点は本学の研究アクティビティを対外的にアピールすることを目的としておりますので、活動実績が認められない等があった場合は、要項第10条に基づき、認定の取り消しを行うことがあります。

(5)研究拠点情報の発信について

研究推進機構では国内外への情報発信を加速させるために、拠点情報の日本語及び英語による公開を行っています。申請書類の内容は一部を英訳した上で、研究推進機構ウェブサイトに掲載し、対外的な発信を進めていきますので、内容確認等にご協力ください。

8.関連資料のダウンロード

Lastupdate:2017/07/31

研究助成公募情報データベース(学内向け) 論文投稿支援事業 YNUの研究力 YNU 横浜国立大学