YNU研究イノベーション・シンポジウム2017|横浜国立大学

”企業のモノ”をサービスに換える
 Society5.0実現に向けた横浜国立大学の提言

トップ > 開催趣旨

開催趣旨

 これからの日本が目指す方向として、人々に豊かさをもたらす超スマート社会、Society5.0 という未来ビジョンが掲げられています。実世界とサイバー空間をつなぐ「CPS(サイバーフィジカルシステムズ)」を駆使することで、社会に新たな価値を生み出そうという試みです。

 では、実際にどうすれば豊かさが生まれるのでしょうか。私達、横浜国立大学は「“企業のモノ”をサービスに換える」ことに着目しました。ICT(情報通信&コミュニケーション)、人工知能、ロボットを中核とするCPSを実現することで、あらゆる“モノ”がサービス化され、新たな産業が生まれてくるシナリオです。

 このシナリオを考えるための場として、この度、YNU研究イノベーション・シンポジウムを開催することにいたしました。シンポジウムでは、最初に“本学の強み”である、ICT、人工知能、ロボット、そしてイノベーションに取り組む4つの研究拠点の活動を説明します。その上で、シナリオ実現の駆動力として、これらの研究拠点が中心となり“本気の産学連携”を構築していくための具体策を提言します。


YNU研究イノベーション・シンポジウム2017 講演者・パネリスト紹介

松本勉教授

松本 勉 ICT

横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授
YNU情報・物理セキュリティ研究拠点長

1986年東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻博士課程修了、工学博士。同年より横浜国立大学勤務。2001年より教授。2013年より横浜国立大学先端科学高等研究院情報・物理セキュリティ研究ユニット主任研究者を兼務。
2006年第5回ドコモ・モバイル・サイエンス賞、2008年第4回情報セキュリティ文化賞、2010年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)等を受賞。
長尾智晴教授

長尾智晴 人工知能

横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授
YNU人工知能研究拠点長

東京工業大学大学院総合理工学研究科出身。工学博士。東京工業大学助手・助教授を経て2001年より現職。
横浜国立大学発ベンチャー(株)マシンインテリジェンス取締役CTOを兼務。
専門は知能情報学。論文・著書多数、産官学連携実績多数。

藤本康孝教授

藤本 康孝 ロボット

横浜国立大学 大学院工学研究院 教授
YNU ロボティクス・メカトロニクス研究拠点長

1998年横浜国立大学工学研究科電子情報工学専攻博士課程修了、博士(工学)。2013年4月より現職。
電気学会産業計測制御技術委員会委員長等歴任。「新産業基盤技術としてのモーションコントロール」等、著書多数。
真鍋誠司教授

真鍋 誠司 イノベーション

横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 教授
YNU 文理連携による社会価値実現プロセス研究拠点長

2001年神戸大学経営学研究科日本企業経営博士課程修了、博士(経営学)。スイス連邦工科大学チューリッヒ校上級研究員/ 客員研究員を経て、2013 年4 月より現職。
「オープン化戦略-境界を越えるイノベーション-(近刊予定)」等、著書多数。

ページのトップへ戻る