遺伝子組換え実験

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平成15年6月18日法律第97号)等に基づき、 本学では遺伝子組換え実験の適正な実施のため、規定を整備するとともに、遺伝子組換え実験安全専門委員会を設置し、 審査等を実施しています。

1.遺伝子組換え実験の実施

遺伝子組換え実験を実施する場合は、以下の要領を参照のうえ、審査申請書類を研究総務係までご請求ください。 なお、科学研究費助成事業による実験計画等については、審査申請書類一式を、 科学研究費助成事業の公募期間最終日の2週間前までに提出して下さい。 それ以外の実験計画等については、実験開始の2か月前までに提出して下さい。

ゲノム編集等に関する実験及び生物等の取り扱い

提出する様式等

  生物等の授受を伴わない 生物等の授受を伴う
ゲノム編集だが遺伝子組換えではない場合 ④、⑤
ゲノム編集かつ遺伝子組換えの場合 ②の様式2、4(※) ②の様式2、4(※)、7、11
通常の遺伝子組換え実験 ②の様式2,4 ②の様式2、4、7、11

※ゲノム編集を行うことと技術内容を明記

  :専門委員会による審査を実施

2.学内関係規則

3.参考リンク

4.関係法令等

5.問い合わせ・書類提出先

問い合わせ・書類提出先
研究推進部研究推進課研究総務係
TEL:045-339-3075
E-mail:kenkyu.somuynu.ac.jp

Lastupdate:2017/05/23

YNU 横浜国立大学