共同研究講座の設置状況

共同研究講座の設置状況

共同研究講座名 設置・連携部局 企業・団体名 設置期間 Topics/Lab等
インテリジェント医療・介護サービス共同研究講座 研究推進機構
工学研究院
ARアドバンストテクノロジ株式会社(東京都) R2.4.1~ R4.3.31 濱上知樹研究室
IHI人工知能共同研究講座 環境情報研究院
工学研究院
株式会社IHI技術開発本部(神奈川県) R元.7.1~ R4.3.31 人工知能研究拠点

長尾智晴研究室

島圭介研究室

中田雅也研究室

(株)IHI発表資料

神奈川発Bhas42形質転換試験法(発がん促進試験法)共同研究講座 研究推進機構
工学研究院
神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部 R元.6.1~ R5.3.31 大森清美研究室

福田淳二研究室

神奈川県公表資料

タツノ流体燃料共同研究講座 工学研究院 株式会社タツノ(東京都) H30.10.1~R6.3.31 松井純研究室
東芝・神奈川県立病院機構重粒子線がん治療装置共同研究講座 研究推進機構
工学研究院
環境情報研究院
東芝エネルギーシステムズ株式会社(神奈川県)

地方独立行政法人神奈川県立病院機構がんセンター(重粒子線治療施設)

H29.4.1~R5.3.31 長尾智晴研究室

五東弘昭研究室

島圭介研究室

日経BP東芝記事2018

東芝PressRelease2020

原子力新聞20200612

ENEOS微粒子工学共同研究講座 研究推進機構

工学研究院

ENEOS株式会社 機能材カンパニー R3.4.1~

R6.3.31

中村一穂研究室

共同研究講座の制度概要やお問い合わせはこちら

終了した共同研究講座

共同研究講座名 設置・連携部局 企業・団体名 設置期間 Topics/Lab等
高度医療システム共同研究講座 工学研究院 リゾートトラスト株式会社(愛知県) H28.12.1~H30.11.30 濱上知樹研究室
京三先端技術共同研究講座 研究推進機構
工学研究院
株式会社京三製作所(神奈川県) H25.4.1~H31.3.30 H31.4.1から工学研究院パワーエレクトロニクス寄附研究部門(寄附講座)の設置
海洋利用共同研究講座 統合的海洋教育研究センター(廃止) 一般財団法人港湾空港総合技術センター(東京都)
株式会社建設リスク研究所(東京都)
H25.7.1~H28.3.31 大学院副専攻「統合的海洋管理学」プログラム/大学院教育強化推進センター

京三先端技術共同研究講座の概要

  • 企業名:株式会社京三製作所
  • 共同研究講座の名称:京三先端技術共同研究講座
  • 設置期間:平成25年4月1日~平成31年3月31日
  • 講座の概要:半導体プロセスなどの製造装置はプラズマを利用して各種デバイスの成膜を行う。各種製造条件によってこのプラズマ放電が不安定となり品質の低下を招くため、製造条件の変化による各種外乱に対してプラズマが安定に保たれるような先端技術を研究する。本共同研究講座には(株)京三製作所から譲原逸男氏が特任教員(教授)と して就任し、横浜国大の教員と共同研究を遂行すると同時に、パワーエレクトロニクスの学部講義を行う。
  • 本共同研究講座の活動成果は、平成31年4月から大学院工学研究院パワーエレクトロニクス寄附研究部門(寄附講座)を設置し、その研究活動や取組を通じ、大学院理工学府と理工学部における人材育成等に展開している。

海洋利用共同研究講座の概要

  • 企業名:一般財団法人港湾空港総合技術センター、株式会社建設リスク研究所
  • 共同研究講座の名称:海洋利用共同研究講座
  • 設置期間:平成25年7月1日~平成28年3月31日
  • 講座の概要:我が国は、広大な排他的経済水域及び大陸棚を有しており、今後の海洋資源の開発・利用の観点で大きく期待されている。しかしながら、そのための海洋調査等に関する活動は、日本本土から遠く離れた海域で行う必要があり、遠隔離島をその活動拠点として活用することが課題となっている。本共同研究講座では、そうした遠隔離島における海洋利用の活動拠点を安全かつ安定的に整備・利用するための施設整備・管理のあり方と利用方法について、広く技術的な観点から研究を行う。
  • 本共同研究講座の活動成果は、大学院副専攻「統合的海洋管理学」プログラムとして大学院教育に展開している。

Last update:2020/10/26