安全保障輸出管理について

安全保障輸出管理

安全保障輸出管理に係る手続き等について(学内限定)

本学教職員の方は、安全保障輸出管理に係る手続き等について、安全保障輸管理(学内限定)でご確認ください。

安全保障輸出管理についてはこちらをご覧ください。

安全保障輸出管理に基づく外国人留学生の取扱について

本学では、「外国為替及び外国貿易法」に基づき、「国立大学法人横浜国立大学 安全保障輸出管理規則」を定めて、貨物の輸出、技術の提供、人材交流の観点から輸出管理体制を整備しており、外国人留学生の受入についても規則を定めています。この規則は、本学の役員、教職員および学生全員に適用されます。

我が国では、大量破壊兵器等との関連が払拭できない国、企業、組織等を国内法により位置づけて、経済産業省より公表しています。これらの国、企業、組織等の関係者が本学に入学する際には、提供する技術や輸出する貨物などについて経済産業大臣の許可を受ける必要があります。本学に入学願書を提出する前に、指導予定教員と十分な打合せを行い、以下の事柄についてあらかじめご了解ください。

  • 経済産業省の審査が終了するまでに長い時間を要したり、また、審査結果によっては希望する教育や研究ができない場合があります。
  • 仮に入学した後でも、提供する技術や使用する機材等に制限が加わる場合があります。
  • 法律の改正などで規制の強化が行われると、それまでの研究が継続できなくなる場合があります。

留学志願者受入事前確認シートについて(学内限定)

参考

問い合わせ

安全保障輸出管理について不明な点は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
また、入試要項に関する個別の事項については、募集要項に掲載されている問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先

横浜国立大学 研究推進機構 輸出管理マネージャー
TEL:045-339-3193・FAX:045-339-4456
Email:anzen.hoshoynu.ac.jp

Last update:2021/10/01